ごあいさつ|アル動物病院 和歌山県和歌山市新中島 長年の経験・知識・技量をもとに、インフォームドコンセントを大切に、丁寧でわかりやすい説明を心がけております。

アル動物病院

ごあいさつ

動物達と人間が共に幸福に暮らせるようお手伝いしたいと願っています。人間の病院と全く同じように、というわけにはいきませんが、声を出して自分の症状を訴えられない動物達のために、少しでもいい診療ができるように、設備・スタッフ両面の向上に努めています。
治療はもとより、しつけ指導飼い方指導食事管理についてもご相談ください。

院長あいさつ

院長 阪井浩已

院長の阪井です。
小学生のころ、家で飼っていた犬が病気で亡くなりました。別れはとても悲しくつらいものでした。病気で苦しむ動物を助けてあげたい、家族が悲しまなくてもいいようにしたい、それが私の獣医師への出発点でした。
今でもその気持ちは持ち続けています。私一人の力ではどうすることもできないこともありますが、飼い主様の信頼と協力のもとに、これからも原点の気持ちを忘れることなく、病気の動物たちを助けていきたいと思います。

このページの先頭に戻る