アル動物病院 和歌山県和歌山市新中島 長年の経験・知識・技量をもとに、インフォームドコンセントを大切に、丁寧でわかりやすい説明を心がけております。

アル動物病院
動物達と人間が共に幸福に暮らせるようお手伝いしたいと願っています

皆様に満足と信頼をして頂ける病院を目指しております

治療はもとより、しつけ指導・飼い方指導・食事管理についてもご相談ください。
アル動物病院は、和歌山市新中島で1993年(平成5年)開院の犬、猫を中心とした小動物の動物病院です。
長年の経験・知識・技量をもとに、インフォームドコンセントを大切に、丁寧でわかりやすい説明を心がけております。
地域のホームドクターとして、一般診療はもとより、県内病院より紹介の眼科診療(セカンドオピニオン、二次診療)も行っています。
ネコの飼主様にも安心して来院していただけるように、ねこ専用待合室もございます。

アル動物病院入口
診療動物 イヌ・ネコ・小型囓歯類(ハムスター・モルモットなど)
*フェレット・ウサギは専門性の高い病院への受診をお勧めします。
*鳥類・爬虫類・魚類・サル類・昆虫類・両生類・ハリネズミは診療対象外です。

診療時間について 来院時間が、午後の受付終了時間(平日 午後6:30 土曜日 午後5:30)を過ぎる場合は、あらかじめ電話でご連絡ください。
平日 午後7:00 土曜日 午後6:00まで延長診療しています。
診療受付時間
新着情報

2018.09.07

以前より設置していた相談室を、ねこ専用の待合室に変えました。
これからもネコにやさしい病院を心がけていきます。
また、これも以前よりおこなっていましたが、憶病な犬猫の場合は、飼い主様だけ受付にお越しいただき、動物は外の車の中などでお待ちいただき、トランシーバーで診察のお呼び出しをすることが可能です。
ネコの飼い主様安心して病院にお越しください。

nekomachiaishitsu


2018.08.08

8月11日から14日まではお盆休みです。


2018.06.01

当院は、おかげさまで6月1日開院25周年を迎えます。
緊張と期待の中、25年前に病院玄関のドアを初めて開けた時の記憶は今でも鮮明です。
地域の皆様、通ってくださる飼い主様、お世話になっている獣医療関連業者様、多くの方々の支えがあり25周年を迎えることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
これからも、25年前に初めてドアを開けた時の思いを忘れず、より良い診療をしていく所存ですので、ご支援よろしくお願いします。

 院長 阪井浩巳


2018.03.05

2018年(平成30年)度の狂犬病予防注射が3月2日より接種始まりました。
フィラリア、ノミ・ダニ予防も忘れずはじめていきましょう。

猫のノミ・マダニ予防もお忘れなく。


2017.03.23

マイクロチップを入れましょう!
大きな災害時には犬猫たちも被災します。飼い主と離れ離れになることも多くみられます。マイクロチップが入っていると、飼い主さんがすぐ判明します。ある災害専門家は犬一頭の飼い主さん探しに人員4名が必要になると試算しています。マイクロチップですぐ飼い主さんが見つかれば4人の人員はほかの災害救援活動に回れます。
動物のため、社会のためにぜひマイクロチップを検討ください。
予約なしで来院可。予防注射のように針をチクッと刺すだけで終わります。


RSS
全て表示

このページの先頭に戻る