眼科診療|アル動物病院 和歌山県和歌山市新中島 長年の経験・知識・技量をもとに、インフォームドコンセントを大切に、丁寧でわかりやすい説明を心がけております。

アル動物病院

眼科診療

当院では、眼科診療に力を入れて取り組んでいます。県内動物病院からの眼科紹介症例を引き受けています。

眼科診療にご来院の飼い主様へ

眼科検査は時間のかかるものが多くあります。また、動物の性格によっては鎮静処置を施さないと診察できないこともあります。時間に余裕を持って、なるべく午前中にご来院くだい。
眼科手術顕微鏡、白内障超音波乳化吸引装置、網膜電図検査装置、半導体レーザー手術装置、各種眼科検査機器を導入し、眼科治療に対応しています。診察室は、暗室仕様で眼科検査に適しています。
眼科検査
眼科検査
眼科手術
眼科手術
白内障
目の中の水晶体(レンズ)が濁って、見えにくくなったり、見えなくなったりする病気です。手術で白く濁った水晶体を取り除き、人工レンズを入れることで視覚の回復を図ります。
  • 白内障手術
  • 眼内レンズ
緑内障
痛みを伴い、視覚がなくなる病気です。早期発見で視覚が残せる場合は、半導体レーザー手術を行います。視覚が残せない場合は、目の痛みをなくし、外観はそのまま残すようにシリコンボール挿入手術を行います。
  • 緑内障レーザー手術
  • シリコンボール挿入眼
角膜潰瘍(外傷)
傷が浅い場合は、治療用コンタクトレンズ装着を行い、角膜の保護をします。傷が深い場合は、眼科手術顕微鏡を用いて、角膜縫合や角膜保護手術を行います。
  • 重症角膜潰瘍
  • 角膜潰瘍
眼瞼(まぶた)異常
涙が多い(涙やけ)、目やにが多い、結膜が赤いなどの症状がみられます。この場合、眼瞼に問題のあることが多く、特に小型犬や鼻の短い犬種で多く見られます。眼科手術顕微鏡を用いて眼瞼の形成手術が必要になることもあります。
  • 眼瞼内反症手術前
  • 眼瞼内反症手術後
睫毛(まつ毛)異常
まつ毛が眼瞼(まぶた)から角膜方向にたくさん生えている(睫毛重生)、眼瞼の裏側にまつ毛が生えている(異所性睫毛)などの異常で角膜に傷がつくことがあります。異常なまつ毛を抜いたり、レーザーで焼いたりする処置を行います。
  • 睫毛除去
  • 異所性睫毛レーザー照射
瞬膜腺突出(チェリーアイ)
瞬膜(人の眼にはない)の内側にある涙の分泌腺が外側に飛び出してくる病気です。飛び出した分泌腺を内側に戻す手術を行います。
  • チェリーアイ
  • チェリーアイ手術
乾性角結膜炎(ドライアイ)
涙の量が減って、目が乾く病気です。ひどくなると失明することもあります。早期治療開始が必要です
  • 乾性角結膜炎
  • 重症乾性角結膜炎
網膜疾患
網膜の病気は失明につながることが多いです。ダックス、プードル、シーズーでは進行性網膜萎縮という遺伝的疾患がよく見られます。網膜電図検査が有用です。
  • 網膜電図検査
  • 網膜萎縮

PageTop

Copyright(C) アル動物病院 All Right Reserved.